面倒な名刺管理は最新のアプリを使うと便利

男性

顧客情報をITで管理する

システム

CRMシステムはIT技術を活用した営業ツールの一つです。顧客情報を一元管理し、共有することができます。CRMシステムを利用することで、業務負担の軽減、業務効率の向上、顧客満足度UPが期待できます。営業活動に適した機能があり、誰でも簡単に利用できるものを選びましょう。

業務の負担を減らすなら

通話

電話代行サービスは実力のあるプロが働いているので、自分達の業務を減らしたいときにおすすめです。24時間電話対応をしてくれる会社もあるので、職種を問わず利用できるサービスとなっています。サービス内容は会社によって違うので、事前に調べるようにしましょう。

営業支援アプリ

男の人

ツールで効率化

営業活動は、決められた時間の中で最大のパフォーマンスを発揮する必要があります。時間内に顧客への営業訪問をして、合間の時間で見積もりを作成して、週報など上司への報告資料の作成もしなければなりません。そのうえで売上実績を出してはじめて評価されるのです。営業マンであれば、事務員と違い使った時間で評価されるのではなくて、売上や報告書の出来などで評価されることになります。いくら時間があっても、営業マンは忙しく時間が足りなくなってしまいます。そこで、少しでも効率よく営業活動を行う必要があります。とても効果的な方法として、名刺管理のアプリを使ってみると良いでしょう。通常、名刺管理というと五十音順に名刺を並べて、アナログで名刺を探していきます。名刺の数が少ない頃であれば良いですが、営業年数を重ねるにつれ、業種によっては数千枚という数になっていくことと思います。名刺管理アプリは、名刺を写真撮影で登録していくと、自動的にテキストデータに変換して、住所録を作成してくれます。同時に名刺のイメージもサーバーに保存されます。テキストデータですから、検索性も抜群です。アナログ時代には、自分で名刺を見ながら、手書きで住所録をつけていかなければいけませんでした。重要でない名刺は住所録に登録せずに名刺の山から探すこととなります。しかし、名刺管理のアプリを利用することで簡単に名刺が管理できるため、必要な時はすぐに見つけることができるのです。それにより、仕事の効率もアップさせられます。名刺管理ができるアプリを導入して、仕事の効率を図りましょう。

マネジメント機能も重視

会社員

PBXを自社で導入するケースは減少しています。しかし導入する場合には、マネジメント機能も含めてトータルで考慮することが大事なポイントになります。比較検討は、一社一社の製品を見て検討することが必要です。