面倒な名刺管理は最新のアプリを使うと便利

男の人

マネジメント機能も重視

会社員

トータル製品で考慮

クラウドシステムの普及やコールセンターのアウトソーシングを利用する案件が増加してることから自社でPBXを導入するケースは減少していますが、自社に電話回線システムを設置する場合には、PBXの導入を検討する必要があります。比較検討するうえで重要なのは導入やランニングコストなど費用面が一番なのですが、機能面や管理面も考慮して決断することが大事になります。コールセンターを構築するのであれば、マネジメント機能も大事になります。コールセンター向けのマネジメントツールは多数展開されていますが、PBXと連動しているケースが多くなっています。そのため、マネジメント製品だけを比較して他社製品を導入することが難しいのです。あくまでも同じ会社の製品を使用することを前提として導入を進めることがポイントになります。PBXは高額な製品になりますので、機能面で入れ替えることは現実的に難しくなります。そのため、導入前にしっかりとどのようなマネジメントをしたいのかを確認して比較検討することが大事なポイントになります。ヘッドセットやソフトフォンなどの消耗品も同じメーカー製品であることが求められることが多くなります。互換性のあるプラグなどが販売されているケースもありますが、決して安くありません。機能面の保証もされてわけではありませんので、すべてを考慮したうえで最終的に決断することが大事になります。比較検討するほど多くのメーカーはありません。一社一社検討することも大事です。