面倒な名刺管理は最新のアプリを使うと便利

男の人

顧客情報をITで管理する

システム

ITを活用した営業ツール

「CRMシステム」はIT技術を活用した顧客管理システムです。CRMシステムを利用することで、顧客情報を一元管理することができます。収集された顧客情報はマーケティングやインサイドセールス、営業といった各部門で共有でき、業務の効率化が可能になります。CRMシステムの機能には「分析系CRM」、「実行系CRM」、「協働系CRM」の3種類があります。分析系CRMは、収集された顧客情報を統計的に処理・分析し、グラフなどわかりやすい形で情報を整理します。現状の把握や営業活動の判断をする上で役立ちます。実行系CRMは、営業、マーケティングなどでの資料作成や顧客情報の管理を自動的に行うものです。業務の負担が軽減され、効率をUPさせることができます。協働系CRMは、他のサービスとの連携を強め、事業間の効率を促進させることができます。CRMシステムにはさまざまな製品があり、価格や機能をよく考えて導入する必要があります。CRMシステムを選ぶポイントは、現場で使いやすく、必要な情報をすぐ業務に活かせるもの、つまり、営業する側の目線に立ったものを選ぶことです。高度な機能が付いていても、業務で扱えなければ意味がありません。パソコン以外でもスマートフォンやタブレット端末で利用できれば、移動時間を活用して資料や活動レポートの作成、顧客情報の共有を行うことができます。いつでもどこでも簡単に操作できるCRMシステムを選びましょう。